一つ前の日記へ一つ前 |  目次   | 次へ次の日記へ

のぼみ~日記 2024

2024/06/01

スイカズラ


ズボラ苑の入口に咲いた白い花。スイカズラ。

地這えキュウリ


地這えキュウリという品種らしい。地面を這うように伸びる。
この品種のほうがウリハムシの被害が少ない。普通のキュウリは地面から若葉が出た途端にウリハムシに食い荒らされている。



トマトも花が咲いたが、さて、どうなることやら


大根


今のところ大根は順調そうだが……



トマトと間違えて、支え棒まで立てたのだが、葉っぱが出てみるとやはりまったく違う何か。少し離れた場所に同じようなのが生えているので、野生の何かなのだが、どうもヒメコウゾというやつらしい



大根の間引き


試しに掘ってみた幼い大根。植え直しても萎れてしまったので、諦めてこの大きさで食うことに。味噌汁の具くらいにはなるか?
……と、FBにUPしたら、大根は植え替えができない野菜で、そもそもこんなになる前に3回間引きしなければいけないという。
YouTubeなどにも、大根の間引き方法を教える動画がいっぱいUPされていた。
そうなの~~? ということで、夕方、また、ズボラ苑に行き、隣り合っているやつの片方を抜いてきた。
今まで何もせずにほったらかしにしてあった割には、きれいに育っている? 本来は葉っぱが地面から出た段階でまず間引くというのだけれど、その段階では雑草と同時に生えてきていたからなあ。どれが大根かさえよく分からない。

雑草の間を縫うように育っている大根。今のところ、ジャガイモと大根だけは順調そうなのだが……

こんな風にピッタリくっついて生えているのがある



くっついて生えているやつを抜き始めた。素直に育っている




<
たちまち籠いっぱいになったので、今日はここまで。食い切れないし





生のまま囓ってみたら、かなり辛かった




大根の葉っぱの上にいるアマガエル

そんなわけで、ズボラ苑の初収穫は間引き大根になった。
夜食の焼きそばに入れて食った。クセもなく、大根の葉っぱだとは分からないほど溶け込んでいた。
イヌビユの次は間引き大根。ズボラ苑からの収穫で、しばらくは菜っ葉類には困らないかな??

塩もみで食す







用務員・杜用治さんのノート
カタカムナから量子論、宗教哲学、情報戦争まで、現代社会の謎と真相を楽しみながら考える、まったく新しいタイプの文章エンターテインメント。
  用務員・杜用治さんのノート

 Amazonで購入で買えます⇒こちらから

KindleKindle版は⇒こちら(500円)


Amazonが使えないかたは、こちらからも買えます(ただし、送料がかかり、納期も遅れます)
製本直送にてご購入



『新釈・クレムナの予言 タラビッチが見た2025年』
最後はプーチンやヌーランドも登場する? 19世紀から現代人へのメッセージ

Amazonで購入で見てみる⇒こちら

KindleKindle版は⇒こちら(Kindle Unlimitedなら0円)
Amazonが使えないかたは、製本直送からも購入できます。
製本直送でご購入

(まえがき より)


「マイルド・サバイバー」 (たくき よしみつ・著、MdN新書)

   
Amazonで購入で購入は⇒こちら
以下からもご購入できます(Click)
楽天ブックスで買う    セブンネットで買う(セブンイレブン各店などで受け取り)     Yahoo!ショッピングで買う    hontoで買う


           



タヌパックブックス
狛犬、彫刻屋台、未発表小説、ドキュメント……他では手に入らない本は⇒こちらで

★Amazonでも購入できます⇒Amazonで購入こちら

更新が分かるように、最新更新情報をこちらの更新記録ページに極力置くようにしました●⇒最新更新情報
シェア用ボタン↓
Facebook   Twitter   LINE


一つ前の日記へ一つ前 |  目次  | 次へ次の日記へ


Kindle Booksbooks    たくきの音楽(MP3)music    目次へ目次    takuki.com homeHOME


Google
nikko.us を検索 tanupack.com を検索