2012/01/19

 日光市板橋 三光神社の狛犬


午前中寝ているので、夜明け前にゴミをステーションまで運んだ。あたりはまっ暗で街灯もないので、懐中電灯必須。星がきれいだが、寒くて長い間見上げていることもできない。たちまち指先が凍りつく。

起きてから、やはりよく晴れていたので、涼風号に乗って、近所の三光神社というところに狛犬チェックしにいく。
古くはないが、ちょっと面白い狛犬がいた。

こんな神社


一見普通なのだが……


唇の歪みかたや鬣の彫りなどが半端じゃない


阿にはタマタマがあった


この口の彫り方がなんとも個性的


昭和3年建立。83歳ですね


鬣や尾がなかなかまめに彫ってある


大きく分ければ江戸タイプなのだろうが、あんまり江戸タイプ臭さがない


見れば見るほど個性的な彫りだ


横顔。口がトンネルのように抜けて向こうが見えるのがいいね


吽も口を半開きにしている


真横から見ると、吽もこのくらい口を開いている


吽像の尻尾


石工の名前、入江兼吉の下はなんと書いてあるのだろう。兼光? けんきち・かねみつ父子?


吽はたまなし。♀ってことね


隣に文化3(1806)年の燈籠



たくき よしみつ 新刊情報

裸のフクシマ ★4刷り決定! 『裸のフクシマ 原発30km圏内で暮らす』(講談社 単行本352ページ)
ニュースでは語られないフクシマの真実を、原発25kmの自宅からの目で収集・発信。驚愕の事実、メディアが語ろうとしない現実的提言が満載。

第1章 「いちエフ」では実際に何が起きていたのか?
第2章 国も住民も認めたくない放射能汚染の現実
第3章 「フクシマ丸裸作戦」が始まった
第4章 「奇跡の村」川内村の人間模様
第5章 裸のフクシマ
かなり長いあとがき 『マリアの父親』と鐸木三郎兵衛

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら

「ガバサク流」推しのデジカメ パナソニックLX5



実際に使ってみて及第点だったガイガーカウンターカタログ

一つ前の日記へ一つ前へ  abukuma.us HOME    takuki.com HOME      次の日記へ次の日記へ







↑タヌパックの音楽CDはこの場で無料試聴できます
Flash未対応ブラウザで、↑ここが見えていない場合はAmazonで試聴可能こちらへ



たくき よしみつの本 出版リストと購入先へのリンク  デジカメと写真撮影術のことならここへ! ガバサク道場

  たくき よしみつの「本」 電子配信開始



.COドメインが人気! ドメインゲットコム   タヌパックスタジオ本館   ギターデュオKAMUNA   あぶくま狛犬札所60番巡り   日本に巨大風車はいらない 風力発電事業という詐欺と暴力