2013/03/09

高知へ(その3) 講演会「裸のフクシマ」


ホテルは快適で、よく眠れた。
朝食はホテル提携のカフェと和食のお店のどちらかで食べるようになっていて、和食の店のほうを選んだ。
ドリンクバーとサラダバーがついている。このサラダバーがなかなかで、トマトがとてもおいしい。葉っぱの類もちゃんと味がする。いつも食べている野菜はなんなんだ、というほどの違い。
しかし、昔の野菜はみんなこんな風に味がしたよなあ。いつから蝋作りの食品サンプルを食べているみたいに味のしない野菜になってしまったのか……。
高知は、実は魚以上に野菜がおいしい場所なのかもしれない。

講演会会場へ向かう。アーケードの中ではトマトサミット?


会場はビルの7階。控え室の窓からはお城が見えた


心配していた人の入りは百人を軽く超えて、予想以上


主催の高知ソフィア会・会長さんの挨拶でマイクが入っていなかったという小さなミスはあったものの……


大きなトラブルもなく……


というか、「大きなトラブル」の話をしているわけだが……


四国や九州は「フクシマ」の放射能の影響はほとんどなかったので、やはり危機意識がとても薄いように思えた


質問者もおひとりだけだった。とてもいい質問だった。難しくて答えられなかったけれど

講演会にはいろいろなかたが来てくださった。
始まる前、控え室に現れた女性は、「五木寛之の夜(ラジオ番組)で初めてたくきさんを知って、あのときにリスナープレゼントでCDをいただいた者です。百合丘のKAMUNAのコンサートにもお邪魔しました」とのことでびっくり。
「太られましたね」と言われて、大苦笑。
そうねえ、KAMUNAの初ライブのときよりはだいぶ太ったかなあ。
聞きそびれてしまったが、まさか高知県外からこの講演会のためにいらっしゃったとか??
『マリアの父親』にサインを。

もう一組。2005年に高知県から福島県の矢祭町へ移住し、福島に永住することを決めて小白井(ウィンドファームがあるところ。我が家から車で10分くらい)に家付き6町歩の土地を購入して、矢祭町から引っ越ししようとしていたときに3.11になって、9歳、6歳、2歳の娘さん3人を連れて高知へ避難してきた、というご夫妻も。
今は、四万十に空き家を紹介してもらって暮らしているらしい。
「フクシマ」がなければ、今頃、阿武隈でご近所同士、楽しい交流をしていたかもしれない。
3人の娘さんたちにカエルのことを教えたり……。
小白井に6町歩の土地といったら、獏原人村に匹敵する桃源郷の構築も夢ではなかったかもしれないし。
そうすれば、風車にも負けず、小白井〜タヌパック阿武隈〜獏原人村というラインが描けて、楽しい阿武隈生活ができたかもしれない。実に悔しい。

福島は本当に大切なものをいろいろ失ったものだ。
福島の自然に惹かれて日本全国から集まってきた人たちをいっぺんに失ったことは特に大きい。
これからの福島の暮らしや自然を守っていったであろう人たち、福島の自立経済を支えていくことになったであろう人たちを、長い時間かけて呼び入れたのに、一瞬にして失ったのだから、これは本当に痛い。
なんとも辛い話だ。


そのご夫婦も交えて、スタッフとしばしお茶を飲んで、外に出ると、「おきゃく」と呼ばれる宴会イベントがあちこちで


今までしていた深刻な話と、会場の外のこの空気感のギャップがすごい。
それにしても、通路の真ん中に卓を並べてひたすら宴会する光景は、なんとも不思議空間。
飲み過ぎて大騒ぎしている人はいない。なんか、淡々と、粛々と??宴会をしているという感じ。
しかも、花見とか花火とか、何か添え物があるわけではなく、普通の商店街の通路でやっているわけで……。
首都圏や東北ではちょっとありえないかなあ。
大阪ではどうなんだろう。大阪だと、もっと派手に騒いでいる酔っ払いがあちこちにいそうだが、ここではそういうこともなく、大声も聞こえない。
本当に不思議な光景だ。

このページの写真はフジフィルムのXF1で撮っています

更新が分かるように、最新更新情報を年度別indexに極力置くようにしました⇒index

たくき よしみつ 新譜・新刊情報

新・マリアの父親

福島原発が爆発する20年以上前に発表された予言的な小説。
第四回「小説すばる新人賞」受賞作。改訂新版としてデジタル書籍で復活。

横書きKindleバージョン(Kindle端末、iPhone、iPod touch、iPadなどのKindleソフトで読む場合に推奨)⇒こちら

◆縦書きバージョン(iPad、iPhone、iPod touchなどのiBooksで縦書きで読む、あるいはPCで縦書きPDFで読む場合)⇒こちら



◆楽天kobo で購入の場合は⇒こちら

◆その他、アマゾン Kindleストアでのたくき作品購入は⇒こちら



一つ前の日記へ一つ前へ    abukuma.us HOME    takuki.com HOME      次の日記へ次の日記へ.

たくき作品 アマゾンKindleで一挙20冊以上出版

音楽アルバム『ABUKUMA』

iTunesストアで試聴する 『ABUKUMA』(全11曲)
7年間過ごした阿武隈に捧げる自選曲集。全曲リマスター。一部リミックス。新録音『カムナの調合』弾き語りバージョンも収録。
アマゾンMP3、iTunesストア、キメラなどから販売中。

⇒こちらからどうぞ
⇒ライナーノートはこちら



「福島問題」の本質とは何か?


『3.11後を生きるきみたちへ 福島からのメッセージ』(岩波ジュニア新書 240ページ)
『裸のフクシマ』以後、さらに混迷を深めていった福島から、若い世代へ向けての渾身の伝言

第1章 あの日何が起きたのか
第2章 日本は放射能汚染国家になった
第3章 壊されたコミュニティ
第4章 原子力の正体
第5章 放射能より怖いもの
第6章 エネルギー問題の嘘と真実
第7章 3・11後の日本を生きる

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら
裸のフクシマ  『裸のフクシマ 原発30km圏内で暮らす』(講談社 単行本352ページ)
ニュースでは語られないフクシマの真実を、原発25kmの自宅からの目で収集・発信。驚愕の事実、メディアが語ろうとしない現実的提言が満載。

第1章 「いちエフ」では実際に何が起きていたのか?
第2章 国も住民も認めたくない放射能汚染の現実
第3章 「フクシマ丸裸作戦」が始まった
第4章 「奇跡の村」川内村の人間模様
第5章 裸のフクシマ
かなり長いあとがき 『マリアの父親』と鐸木三郎兵衛

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら




↑タヌパックの音楽CDはこの場で無料試聴できます
Flash未対応ブラウザで、↑ここが見えていない場合はこちらへ


ガバサク流が推すデジカメ フジ XF1 パナソニックLX7、LX5、ソニー RX100、フジ X-S1

詳しくは⇒こちら

たくき よしみつの本 出版リストと購入先へのリンク  デジカメと写真撮影術のことならここへ! ガバサク道場


HOMEへ 狛犬ネット入口目次へ



.COドメインが人気! ドメインゲットコム   タヌパックスタジオ本館   ギターデュオKAMUNA   あぶくま狛犬札所60番巡り   日本に巨大風車はいらない 風力発電事業という詐欺と暴力
Google
abukuma.us を検索 tanupack.com を検索