2013/07/27

京都西明寺の阿育王石柱を見に行く

さて、大阪遠征最後は京都・西明寺へ寅吉が彫った「阿育王石柱」を見に行くの巻。
時間的に無理だろうと思ってほぼ諦めていたのだが、どうしても気になって、えいやっと無理して大急ぎで往復した。
時間に追われてパッと行って写真撮ってパッと戻るだけの強行軍。おかげでご住職に挨拶もしなかった。失礼しました。

まず、想像していたより西明寺は遠かった。
土地勘がないから、甘く見ていた。
「やっぱり行こう!」と決断したのが遅かったので、着いたのは夕方近く。
ネットで動画なども見ていて、もっと広いところを想像していたのだが、要するにこのへん一帯、山全体が観光地というか散策のためのコースになっていて、西明寺はそこに組み込まれている形。
紅葉のときが特に人気なのだろう。今は時季外れで訪れる人はまばら。

ここを登っていくと西明寺らしい



お寺の入り口。さて、阿育王石柱はどこだ~? と先へ進むと……


あった!


想像していたよりは高い


α300+ズボラレンズ(18-250mm)とXZ-10の両方でバチバチ撮る


これがルンビニ石柱に彫られているのと同じブラーフミー文字の碑文




「印度(インド)藍毘尼(ルンビニ)石柱 洛北槙尾山模刻」とある。インド(正確には現在はネパール)ルンビニにある石柱を、ここ槙尾山で模刻した、ということ。
詳しくは過去の阿武隈日記⇒ここ を参照
 
もっと詳しく知りたい人は、⇒ここからの5ページあまりを参照してください。

ものすごく簡潔に書くと、

……と、こういうことになる。
インド~京都~福島を結ぶ壮大なドラマが明治末期に展開されていたのだ。
当時の日本仏教界の様子(戒律回帰への意気込みや若い僧たちの「原点回帰」への熱い思いなど)が伝わってくる。

こういうネタこそ、地元の新聞社、テレビ局に頑張って伝えてほしいものだ。

これが想像で作られた馬の像


「大正元年 建之 ?(花押のような??) 彫刻布孝」
小松寅吉生涯最後の大仕事だった


こんな感じで立っている


もともとは12~15mというから、これはおそらく1/2スケールで建てたのだろう


柱頭部台座はサルナートの石柱のコピー、4頭の馬もサルナートの獅子像から想像して彫られた
実際のルンビニの石柱がこうだったということではない。あくまでも想像の産物。そこがすごい


それにしてもよく彫れている

ネット上で「ルンビニーのアショーカ王石柱」を検索すると、「石柱は4本建てられ、柱頭には馬像があったと言われていますが、それは見つかっていません」という記述が複数出てくる。どれも同じ文章なので、コピーされて増えていったのだろう。
この文をそのまま解釈すると、柱は4本あって、その上に1頭ずつ馬がのっていたということになるだろう。
この柱はしかし、「柱は1本で、その上に4頭の馬」だ。
どちらが本当なのか?
三蔵法師(玄蔵)の旅行記には、「アショカ王によって建てられた尖塔に馬の像が掲げられた石柱があった。後に石柱は邪悪な竜から発した稲妻によって中ほどが破壊され、上部が地面に転落した」と書いてあるようだ。それだけであれば「柱が4本」とは思えない。「柱の上に4頭の馬」が、どこかで「4本の柱の上に馬の像」という風に間違って記述され、それがどんどんコピー増殖したのかもしれない。
いずれにしても、釈大真や小松寅吉らは、「柱の上に4頭の馬」と解釈したことになる。
そこで、柱の上に馬を4頭ものせるのはどうするのか? と考えたところでサルナートの石柱の獅子像を見て、「ああ、これなら4頭のせられる!!」とひらめいたのだろう。
実に面白い苦労談?ではないか。

馬の像は相当苔むしている


一眼レフを持っていってよかった


柔和な顔の馬。寅吉は石川町周辺にも何頭もの馬の像を彫っている



真下から見上げる




ばばば~っと写真を撮り、次の予定が入っていたために急いで大阪に戻った。
ご住職にはぜひお会いしたかったのだが、残念だった。
そのうち、地元のメディアが記事にするとか番組にするとかの機会があれば、ぜひ今度はゆっくりと訪問してみたい。

♪♪
↑今日の一曲
『So Far Away』(たくき よしみつ・歌)
(クリックした先で試聴できます)



オリンパスXZ-10
のぼみ~日記の写真は主にオリンパスXZ-10で、他にフジフィルムXF1、X-S1 でも撮っています


更新が分かるように、最新更新情報をこちらの更新記録ページに極力置くようにしました●⇒最新更新情報

一つ前の日記へ一つ前へ |     Kindle Booksbooks      たくきの音楽(MP3)music      目次へ目次      takuki.com homeHOME      | 次の日記へ次の日記へ





たくき よしみつ 新譜・新刊情報

数字と確率で実感する「フクシマ」

今、私たちがこうして普通に暮らしていられるのは、奇跡のような幸運が重なった結果……。
あのときもし夜だったら? 風が海側から吹いていたら? 地震があと1年早かったら……?
さまざまなIFがすべて幸運なほうに転んでくれたから、汚染がこの程度で済んでいるという事実
日本を「リスタート」させるために絶対に知っておかなければならないことをコンパクトにまとめた1冊

■アマゾンKindle版(Kindle端末またはスマホやiPadのKindleソフトで読む場合)

■Puboo版(ブラウザで読む or ePubをダウンロードしてiBooksで読む場合)

■楽天kobo版

◆その他、アマゾン Kindleストアでのたくき作品購入は⇒こちら


アマゾンKindleでたくきの過去の作品がほぼすべて読めます⇒Go!

音楽アルバム『ABUKUMA』

iTunesストアで試聴する 『ABUKUMA』(全11曲)
7年間過ごした阿武隈に捧げる自選曲集。全曲リマスター。一部リミックス。新録音『カムナの調合』弾き語りバージョンも収録。
アマゾンMP3、iTunesストア、キメラなどから販売中。

⇒こちらからどうぞ
⇒ライナーノートはこちら



「福島問題」の本質とは何か?


『3.11後を生きるきみたちへ 福島からのメッセージ』(岩波ジュニア新書 240ページ)
『裸のフクシマ』以後、さらに混迷を深めていった福島から、若い世代へ向けての渾身の伝言

第1章 あの日何が起きたのか
第2章 日本は放射能汚染国家になった
第3章 壊されたコミュニティ
第4章 原子力の正体
第5章 放射能より怖いもの
第6章 エネルギー問題の嘘と真実
第7章 3・11後の日本を生きる

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら
裸のフクシマ  『裸のフクシマ 原発30km圏内で暮らす』(講談社 単行本352ページ)
ニュースでは語られないフクシマの真実を、原発25kmの自宅からの目で収集・発信。驚愕の事実、メディアが語ろうとしない現実的提言が満載。

第1章 「いちエフ」では実際に何が起きていたのか?
第2章 国も住民も認めたくない放射能汚染の現実
第3章 「フクシマ丸裸作戦」が始まった
第4章 「奇跡の村」川内村の人間模様
第5章 裸のフクシマ
かなり長いあとがき 『マリアの父親』と鐸木三郎兵衛

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら




↑タヌパックの音楽CDはこの場で無料試聴できます
Flash未対応ブラウザで、↑ここが見えていない場合はこちらへ


ガバサク流が推すデジカメ フジ XF1 パナソニックLX7、LX5、ソニー RX100、フジ X-S1

詳しくは⇒こちら

たくき よしみつの本 出版リストと購入先へのリンク  デジカメと写真撮影術のことならここへ! ガバサク道場


HOMEへ 狛犬ネット入口目次へ



.COドメインが人気! ドメインゲットコム   タヌパックスタジオ本館   ギターデュオKAMUNA   あぶくま狛犬札所60番巡り   日本に巨大風車はいらない 風力発電事業という詐欺と暴力
Google
abukuma.us を検索 tanupack.com を検索