2014/12/03

 カフェ リンデン


先日(11月22日)の日記「明神あたり」でちらっと触れたカフェ リンデン。↑
今日は助手さんが東京に出てしまって留守なので、少し風が強かったが、ちょっと無理をしてランチを食べに行くことにした。

このお店はとにかく分かりづらい場所にある。
例幣使街道からだと、板橋交差点を長畑方向に曲がり、左側2本目の道を左折する。この進入路を見落とすとなかなかたどり着けない。


左折するとすぐ右側に雑木林の中のPがある。これも注意していないと分かりづらい


Pに車を停めたら、林の中の「風の散歩道」と名づけられたスペースを少し歩く


この一角だけが林が残っていて、周囲はほとんど造成されてしまっている

道が狭くて車がすれ違えないので、涼風号MarkIIも道端ではなく、林の中に入れて停めた。
ちょうど夫婦らしい人たちが軽自動車を寄せようとしていたので、駐車場はここではなくてあそこから……と教えた。すぐに後から入って来るだろうと思ったのだが、なぜかそのまま去って行ってしまった。
気が変わったのだろう。変なおじさんがやっているお店だと勘違いしたのだろうか。


普通の住宅で、入り口が目立たないので、初回は入るのにちょっと勇気がいるかもしれない


since 1997 とある。以前は大沢駅前の店舗を借りてやっていたそうだ


メニューはシンプル。ほとんどの人はカレーを注文するようだ。僕もそのつもりだったのだが、メニューにある「手作りパン」というのに目がいって、突然、無性にトーストが食いたくなった。
「カレーを食べずしてリンデンを語るなかれですかねえ」……と女性店主に訊いたら、笑いながら「そんなことはございませんよ」と。
「でも、野菜をとるにはカレーのほうがいいのかなあ」
「トーストにも野菜スープがつきますから……」
その一言で決めた。トースト&サラダのセット。



待っている間に店内を見渡す


非常に分かりやすいコンセプト


お茶、喉が渇いていたので反射的に飲んでしまってから、あ、写真……と気づいた


店内からは「風の散歩道」が見渡せる








このドングリ人形作家の小物がいっぱいあって、販売もしているようだ


で、来ました来ました。これはうまそうだ


野菜は無農薬農家とJA直売所から仕入れているそうだ。岩塩がかけてあるだけの塩味。野菜本来の味が分かる


パンは「パン教室を開いている先生」の手作りだとか


野菜スープ。塩味で品のいい味


珈琲は贅沢だからやめておこうと思いつつ、最初だから……と頼んでみた。酸味がきいた味


それにしてもすごい取っ手だ


食器はすべて凝っているね

入ったのは水曜日の1時ちょっと前くらい。お客さんはいなかった(入りかけていた夫婦が気が変わって行ってしまった)。食べ終わる頃、女性客二人がやってきた。

そこそこいいお値段なので足繁く通うのは厳しいが、おいしいランチと静かな午後を楽しみたいときにはうってつけの隠れ家カフェ。
おっさんが一人で入るのは勇気がいるかもしれないが……。

今日は助手さんの誕生日なので、ショートケーキをひとつ買った。400円。

リンデンとねこごこち、どちらも上品でヘルシーでおいしい。長くやっていってほしい。
違う方向にあるので、買い物に行く前に寄るのにはちょうどいい。大沢ならねこごこち、今市方向ならリンデン……と。
あとは定休日が多いので、うまく気分と曜日が合うかどうか……かな。

カフェ リンデン
日光市明神235
0288-27-0432
11:00~日没まで 定休日:木曜、日祝、第2・4土曜




のぼみ~日記は主にオリンパスのXZ-10とStylus1で撮っています
XZ-10はすでに生産終了。もうすぐ新品での購入が難しくなります



『Digital Wabi-Sabi  ─As Easy As EWI』 『Digital Wabi-Sabi ─As Easy As EWI』

Tanupackから久々の新譜! これはあなたが聴いたことのない種類の音楽かもしれない!
「メロディの価値」にとことんこだわり、手段としてはデジタルを使う。これが「デジタル・ワビサビ」だ
iTunesで!    アマゾンで!    moraで!




更新が分かるように、最新更新情報をこちらの更新記録ページに極力置くようにしました●⇒最新更新情報



一つ前の日記へ一つ前へ |     Kindle Booksbooks      たくきの音楽(MP3)music      目次へ目次      takuki.com homeHOME           | 次の日記へ次の日記へ

『デジタル・ワビサビのすすめ 「大人の文化」を取り戻せ』
デジタル・ワビサビのすすめ
大人の文化を取り戻せ
(講談社現代新書)
デジタル・ワビサビのすすめ   大人の文化を取り戻せ
(講談社現代新書) 760円+税 

人間関係、音楽、写真、アート……デジタルで失った文化を、デジタルを使いつくし、楽しみつくすことで、取り戻す!
スティーブ・ジョブズの魂、ジャック・ドーシーの哲学  ──共通するのは、日本発の「ワビサビ」の精神だった
リタイア世代の「地域デビュー」にも大いなるヒントに
★New! 「現代新書カフェ」にロングインタビュー記事掲載
アマゾンで購入 こちら       詳細案内はこちら




★ドキュメンタリー映画『スレッショルド:福島のつぶやき』 ついに完成! 日本公開は2015年の予定


↑監督挨拶&予告編その2(左下の▲再生アイコンをクリックすると再生されます)


●スタッフインタビューは⇒こちら
●プロジェクトの紹介サイトは⇒こちら


たくき よしみつのアルバム MP3ダウンロード
たくき よしみつ のアルバム (MP3ダウンロード)
クリックした先で試聴できます



オリンパスXZ-10
のぼみ~日記の写真は主にオリンパスXZ-10で、他にソニー NEX-5R+SONY 50mm/F1.8 OSS、フジフィルムX-S1 などでも撮っています


アマゾンKindleでたくきの過去の作品がほぼすべて読めます⇒Go!

音楽アルバム『ABUKUMA』

iTunesストアで試聴する 『ABUKUMA』(全11曲)
7年間過ごした阿武隈に捧げる自選曲集。全曲リマスター。一部リミックス。新録音『カムナの調合』弾き語りバージョンも収録。
アマゾンMP3、iTunesストア、キメラなどから販売中。

⇒こちらからどうぞ
⇒ライナーノートはこちら



「福島問題」の本質とは何か?


『3.11後を生きるきみたちへ 福島からのメッセージ』(岩波ジュニア新書 240ページ)
『裸のフクシマ』以後、さらに混迷を深めていった福島から、若い世代へ向けての渾身の伝言

第1章 あの日何が起きたのか
第2章 日本は放射能汚染国家になった
第3章 壊されたコミュニティ
第4章 原子力の正体
第5章 放射能より怖いもの
第6章 エネルギー問題の嘘と真実
第7章 3・11後の日本を生きる

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら
裸のフクシマ  『裸のフクシマ 原発30km圏内で暮らす』(講談社 単行本352ページ)
ニュースでは語られないフクシマの真実を、原発25kmの自宅からの目で収集・発信。驚愕の事実、メディアが語ろうとしない現実的提言が満載。

第1章 「いちエフ」では実際に何が起きていたのか?
第2章 国も住民も認めたくない放射能汚染の現実
第3章 「フクシマ丸裸作戦」が始まった
第4章 「奇跡の村」川内村の人間模様
第5章 裸のフクシマ
かなり長いあとがき 『マリアの父親』と鐸木三郎兵衛

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら




↑タヌパックの音楽CDはこの場で無料試聴できます
Flash未対応ブラウザで、↑ここが見えていない場合はこちらへ


ガバサク流が推すデジカメ オリンパスXZ-10 Stylus1 パナソニックLX7、ソニー NEX-5R

詳しくは⇒こちら

たくき よしみつの本 出版リストと購入先へのリンク  デジカメと写真撮影術のことならここへ! ガバサク道場


HOMEへ 狛犬ネット入口目次へ






ドメインの空きをチェック!! 狙い目ドメインの空きをチェックドメインの空きをチェック!!
     

.COドメインが人気! ドメインゲットコム   タヌパックスタジオ本館   ギターデュオKAMUNA   あぶくま狛犬札所60番巡り   日本に巨大風車はいらない 風力発電事業という詐欺と暴力
Google
abukuma.us を検索 tanupack.com を検索