2014/12/13

教会でクリスマスコンサート

今日は宇都宮のキリスト教会でクリスマスコンサート。
yossyが一緒にやっているおたかさんの実家がこの教会。
「いろいろお考えはあるでしょうが、もしよかったら……」とおたかさんに頼まれて、サポートミュージシャンに徹した。

こんなのやるの、何十年ぶりだろう。中学生のときに渋谷の聖パウロ教会(今は引っ越して都立大学あたりに移った。お袋の葬式をやった)で、当時組んでいたフォークバンドでJane Jane とかやった記憶がある。それ以来かな。

6日の夜は、白河の神宮寺で1曲歌ったから、そこにいた人からは「お寺さんから教会へですか」と言われた。
そう。それが日本のいいところ。

いつも練習場所を提供してくれるパパアンジョのマスターも参加。
コンサートの終わりには、yossyのクリスマス入籍がサプライズ発表されてささやかな花束贈呈式。

パパアンジョのマスターが連れてきた、押尾コータローの完全コピーギタリストが先に演奏したのだけど、ほんとに完全コピー(いわゆるカンコピ、ってやつ)で、エフェクターを数珠つなぎしての音作りも完璧。
世の中にはカンコピに命をかける人たちが結構いるけれど、ここまで本物と同じ音を出されるとさすがに感心する。
どれだけ練習しているのか……ああ~、あたしももっと基礎練習しないといかんなあ、と痛感。
指も治ってきたし、明日から心入れ替えて、1日5分でいいから運指練習しよう……って、過去何千回心に誓っては次の日にはもう忘れていたことか。
毎日パソコンを開くのと同じように、例えば飯を食った後に5分でいいから指を動かせばいいだけなのに……なんでできないんだろう。
歳を取って、下手になる一方だから、このへんで心入れ替えてストイックにならないと終わりだなあ。
……と自覚したのが今日の最大の収穫だったかな。

あとはまあ、「人を愛せよ」……ってことですかね。
自分といかに違っていても、愛する部分を見つける努力……と言うか、その努力をするところからいろんなことが始まる。
拒否する、否定するところから始めてしまうと、その先に生まれるかもしれない果実を見ないまま死んでしまう。
国と国、違う宗教同士、趣味が合わない人同士……それがあたりまえなんだから、やっぱり基本は愛をもって見る。接する。……ですかね。
理論じゃなくて、行動で、少しずつ、少しずつ……。

まあ、クリスマスってことで、こんなことも考えてみましたよ。

それぞれの A Soalin


おたかさんに「クリスマスコンサートだったら『A Soalin'』なんてどう?」と言ったら、僕に気を使ったのか、やりましょう、ということになった。
ほんとは輪唱とかもやりたかったんだけど、無理~、と言われて、こんな感じでごまかした。
動画で見ると、プレッシャーがかかっているのがありありと分かって、とにかく「固い」なあ。味を出せるまで練習しないとね。もっと淡々とやったほうがこの曲はいいんだよね。猛省。

ほとんど一人で歌うとなると、PP&Mのオリジナルよりも、Stingのほうがお手本になるのかもしれない。




大勢でやっているやつもある↓



これはコミカルなミュージカル風?↓



ブズーキ・バージョン もあった!↓




世界のあちこちで、クリスマスには……↓



ハウス?バージョン??↓



これはケルトのテイストが強いバージョン↓
……とまあ、世界中の人を魅了し続けている名曲『A Soalin』。
⇒ここに100個以上集まっている。

最後は本家で口直し。やはりこれに勝るものはないね。













『Digital Wabi-Sabi  ─As Easy As EWI』 『Digital Wabi-Sabi ─As Easy As EWI』

Tanupackから久々の新譜! これはあなたが聴いたことのない種類の音楽かもしれない!
「メロディの価値」にとことんこだわり、手段としてはデジタルを使う。これが「デジタル・ワビサビ」だ
iTunesで!    アマゾンで!    moraで!




更新が分かるように、最新更新情報をこちらの更新記録ページに極力置くようにしました●⇒最新更新情報



一つ前の日記へ一つ前へ |     Kindle Booksbooks      たくきの音楽(MP3)music      目次へ目次      takuki.com homeHOME           | 次の日記へ次の日記へ

『デジタル・ワビサビのすすめ 「大人の文化」を取り戻せ』
デジタル・ワビサビのすすめ
大人の文化を取り戻せ
(講談社現代新書)
デジタル・ワビサビのすすめ   大人の文化を取り戻せ
(講談社現代新書) 760円+税 

人間関係、音楽、写真、アート……デジタルで失った文化を、デジタルを使いつくし、楽しみつくすことで、取り戻す!
スティーブ・ジョブズの魂、ジャック・ドーシーの哲学  ──共通するのは、日本発の「ワビサビ」の精神だった
リタイア世代の「地域デビュー」にも大いなるヒントに
★New! 「現代新書カフェ」にロングインタビュー記事掲載
アマゾンで購入 こちら       詳細案内はこちら




★ドキュメンタリー映画『スレッショルド:福島のつぶやき』 ついに完成! 日本公開は2015年の予定


↑監督挨拶&予告編その2(左下の▲再生アイコンをクリックすると再生されます)


●スタッフインタビューは⇒こちら
●プロジェクトの紹介サイトは⇒こちら


たくき よしみつのアルバム MP3ダウンロード
たくき よしみつ のアルバム (MP3ダウンロード)
クリックした先で試聴できます



オリンパスXZ-10
のぼみ~日記の写真は主にオリンパスXZ-10で、他にソニー NEX-5R+SONY 50mm/F1.8 OSS、フジフィルムX-S1 などでも撮っています


アマゾンKindleでたくきの過去の作品がほぼすべて読めます⇒Go!

音楽アルバム『ABUKUMA』

iTunesストアで試聴する 『ABUKUMA』(全11曲)
7年間過ごした阿武隈に捧げる自選曲集。全曲リマスター。一部リミックス。新録音『カムナの調合』弾き語りバージョンも収録。
アマゾンMP3、iTunesストア、キメラなどから販売中。

⇒こちらからどうぞ
⇒ライナーノートはこちら



「福島問題」の本質とは何か?


『3.11後を生きるきみたちへ 福島からのメッセージ』(岩波ジュニア新書 240ページ)
『裸のフクシマ』以後、さらに混迷を深めていった福島から、若い世代へ向けての渾身の伝言

第1章 あの日何が起きたのか
第2章 日本は放射能汚染国家になった
第3章 壊されたコミュニティ
第4章 原子力の正体
第5章 放射能より怖いもの
第6章 エネルギー問題の嘘と真実
第7章 3・11後の日本を生きる

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら
裸のフクシマ  『裸のフクシマ 原発30km圏内で暮らす』(講談社 単行本352ページ)
ニュースでは語られないフクシマの真実を、原発25kmの自宅からの目で収集・発信。驚愕の事実、メディアが語ろうとしない現実的提言が満載。

第1章 「いちエフ」では実際に何が起きていたのか?
第2章 国も住民も認めたくない放射能汚染の現実
第3章 「フクシマ丸裸作戦」が始まった
第4章 「奇跡の村」川内村の人間模様
第5章 裸のフクシマ
かなり長いあとがき 『マリアの父親』と鐸木三郎兵衛

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら




↑タヌパックの音楽CDはこの場で無料試聴できます
Flash未対応ブラウザで、↑ここが見えていない場合はこちらへ


ガバサク流が推すデジカメ オリンパスXZ-10 Stylus1 パナソニックLX7、ソニー NEX-5R

詳しくは⇒こちら

たくき よしみつの本 出版リストと購入先へのリンク  デジカメと写真撮影術のことならここへ! ガバサク道場


HOMEへ 狛犬ネット入口目次へ






ドメインの空きをチェック!! 狙い目ドメインの空きをチェックドメインの空きをチェック!!
     

.COドメインが人気! ドメインゲットコム   タヌパックスタジオ本館   ギターデュオKAMUNA   あぶくま狛犬札所60番巡り   日本に巨大風車はいらない 風力発電事業という詐欺と暴力
Google
abukuma.us を検索 tanupack.com を検索