一つ前の日記へ一つ前へ |  目次へ   | 次の日記へ次の日記へ

のぼみ~日記2016

2016/09/02

「もの」のあわれ



親父の部屋の本やCDなどを買い取り業者に引き取ってもらうために、まずは自分の身分証明書で自分の持ち物を売ることにした。CD、ほとんどはジャズ、フュージョンだが、これにさらに加えて段ボール1箱びっしりの状態で出したところ、ついた買い取り値段は504円だった。50枚以上あったので、1枚10円ということか……。もはやCDや本の時代ではないことを痛感


親父の介護問題の続き。
あれからいろいろあった。
当初決まっていた手術は、脚の化膿菌が身体中に回って高熱が出たとかで延期に。
認知症の進み具合が想像を超えていることが分かったので、もはやひとり暮らしは無理だと判断。
今までなんとかひとり暮らしをしてこられたのは、親父が入っている短歌の会の主宰者(マンションの同じ階の住人で、親父の部屋の大家さんはその娘さんでお隣)と会のメンバーの力が大きかった。
お袋が死んだ後の親父の生活と生き甲斐は、その短歌の会の人たちとの交流が95%くらい占めていた。だからこそ、横浜から移すことは無理だったし、親父の金、親父の人生なのだから、最後はどれだけ滅茶苦茶だろうが、ギリギリまで好きにさせようと、僕も思っていたのだった。
しかし、これ以上はみなさんにも迷惑がかかるし、物理的にも無理だ。

短歌の会のメンバーのひとりが、なんと、親父のために介護施設を紹介してくださって、その線で話を進めるため、何度か横浜に出向いた。

赤の他人のためにそこまで面倒を見てくださるかたがいるとは、信じられない思いだが、それだけ親父が会の中で可愛がられていたということが救いだ。

親父の部屋を片づけていると、今まで「ない」とか「なくした」「捨てた」と言っていた重要書類が隠してあったり、弁護士から「遺産相続問題を任せてくれたら遺産の○%を着手金に、報酬は……」などという契約書が出てきたり、ギョッとするようなことの連続だ。今もそれは続いている。
認知症は病気なのだから仕方がない、と人は言うが、長いつきあいで裏まで分かっている身内には、そう単純には割り切れないことがいっぱいある。
単純に身体が弱って、脳も弱って、だから介護が必要で……という話ならまだいいのだが、いちいち対応をやっかいにさせるようなことをしでかしたり、隠された事実が出てきたりするから、こちらは疲労困憊。疲れるだけでなく、心がずたずたに傷つけられる。
こっちだって60代の爺なんだから……身体も心も休み休みじゃないと倒れてしまうよ。

家族の問題はさすがに書けないが、単純なエピソードとしては、今の日本、認知症老人を手玉にとって金を巻き上げる商売があたりまえのようになっていることに驚かされる。
例えば、NTTの光回線を親父はもう何年も使っていない(ルーターの電源を抜いていた)のだが、預金口座からは毎月1万円弱の料金が引き落とされ続けていた。
それに気づいて、僕は何度もNTTファイナンス(料金徴収代行会社)に電話をしているのだが、何度かけても「ただ今混み合っております。もうしばらくお待ちください」のアナウンスが繰り返されるばかりでつながらない。
仕方なく、最後はスッカラカンになった親父の口座を事実上閉めて、引き落とし不能状態にした。
未払いで自動的に解約になるだろうと思ったら、今度は弁護士事務所から未払い金取り立ての督促状が届くようになった。
こういう状況で、使っていない回線やらサービスやらの自動引き落としで財産をどんどん減らしている老人は日本中にたくさんいることだろう。

お袋が死んだとき、僕はお袋の遺産相続を放棄して、親父に一括相続させる書類を作り、署名捺印して親父に渡した。しかし、その書類はそっくりそのまま部屋から出てきた。
お袋の預金口座がどこにあるのか、親父も知らなかったらしくて、それを嗅ぎつけた弁護士から、相続手続き委任契約書なるものが出てきた。
事件名 遺産分割示談交渉事件
相手方 未定
裁判所等の手続き機関名 なし

などと書いてある。相手方未定の事件って……。
弁護士報酬として、着手金は依頼者の取得した相続分の3分の1を基準として云々。報酬金は……。出張日当は……。などと、「事件」の内容よりも弁護士への報酬のことが細々と書かれている。
仮に相続人全員の取得か価額が合計約1098万円である場合、着手金は29万4840円。報酬金は58万9680円。出張日当は2時間以上4時間以内で3万2400円……

ここに出てくる1098万円というのは、お袋が残した預金の総額で、弁護士はこの金額をもとに算出しているようだ。
1098万円のうち、88万4520円+日当をいただきますよ、という内容。
親父はこれをずっと隠していた。
弁護士が手紙をよこしたという話を聴いたときに、「絶対に接触するな。無視しろ」と厳重に言い渡したのに、のこのこと弁護士事務所まで出向いていったらしい。
サインはしていないというのだが、本当かどうかは分からない。

こんな風に、金があると分かったターゲットには、オレオレ詐欺だけでなく、企業や弁護士なども群がり、奪えるだけ奪っていく。合法であるとなれば、これは立派なビジネスになる。
ニュースでは詐欺事件のことは報じるが、こうした「合法」の老人騙しビジネスは一切報じられない。

介護問題だけでなく、こうした犯罪もどきの攻撃にも対抗していかなければならないわけで、疲れる。
しかも、当の老人は認知症で、物事の判断がまともにできない。家族に対しても疑心暗鬼になって重要なことを隠す一方で、赤の他人でも、言いなりになってしまう。

たまらんなあ。

親父の部屋(横浜のマンション)は今月中に空っぽにして引き渡すことになった。
本が大量にあるので、処分が難航する。短歌の雑誌は買い取り不能だから資源ゴミに出すしかないが、マンションは3階まで階段なので、運び出すのも大変だし、資源ゴミは出し方が厳しいのでさらにやっかい。結局は業者に金を出して持ちだしてもらうしかない。
その他、美術全集など高額な本は捨てるに忍びないので買い取り業者に出すことにしたが、値段がつかないことは分かっている。きれいなCD50枚で504円だからねえ。
文章も音楽も映像も、今はデジタルファイルでやりとりされ、その「軽さ」ゆえに無料があたりまえのように見られてしまう。
文章や音楽を売って生きてきた身としては、実に苦しく切ない。

「もの」のあわれ、ここにきわまれり。


親父の脚はよくなってきたが、もう一度手術をすることになった。その後、退院した後が問題で、入所できる施設との正式契約はまだなので、不安を抱えたままの作業が続いている。

2016/09/05


親父の部屋の片付けと入院の様子を見るために車で横浜へ。都賀西方PAでランチ。パワーランチ780円。揚げたての鰺フライが美味



田舎暮らしがすっかり染み込んだ人間には、こういう光景は異常としか見えない



部屋の片付けやソーシャルワーカーとの面談、介護保険認定委員との面談などを終えてヘトヘトになって帰宅



蓮田SAの韓国料理屋がなくなっていたのはショック。そこにはラーメン屋が入っていて、結構うまかったので、まあ、いいか



転んでもただでは起きないぞ、と、こんな本をアマゾンで取り寄せ。辛い経験も肥やしにするのだ



















あのとき、さまざまな偶然が重ならなかったら今頃日本は本当に「終わっていた」ということを、的確に分かりやすく解説。 ご案内ページは⇒こちら
A5判・40ページ オンデマンド 中綴じ版 580円/平綴じ版 690円(税別、送料別)
製本の仕方を選んでご注文↓(内容は同じです。中綴じ版はホチキス留め製本です)
製本形態

新マリアの父親
「フクシマ」を予言した小説と言われる『マリアの父親』の改訂版が「紙の本」で甦る。試し読みは⇒こちらから
A5判・124ページ オンデマンド 980円(税別、送料別) 


更新が分かるように、最新更新情報をこちらの更新記録ページに極力置くようにしました●⇒最新更新情報



iBooks図書館ガイド  Kindleアプリで本を読む



一つ前の日記へ一つ前へ |  | 次の日記へ次の日記へ

      
Kindle Booksbooks    たくきの音楽(MP3)music    目次へ目次    takuki.com homeHOME


tanupack音楽館  よいサイト 41.st  たくき よしみつの本 出版リストと購入先へのリンク  デジカメと写真撮影術のことならここへ! ガバサク道場


「福島問題」の本質とは何か?


『3.11後を生きるきみたちへ 福島からのメッセージ』(岩波ジュニア新書 240ページ)
『裸のフクシマ』以後、さらに混迷を深めていった福島から、若い世代へ向けての渾身の伝言。
複数の中学校・高校が入試問題(国語長文読解)に採用。大人にこそ読んでほしい!

第1章 あの日何が起きたのか
第2章 日本は放射能汚染国家になった
第3章 壊されたコミュニティ
第4章 原子力の正体
第5章 放射能より怖いもの
第6章 エネルギー問題の嘘と真実
第7章 3・11後の日本を生きる

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら
裸のフクシマ  『裸のフクシマ 原発30km圏内で暮らす』(講談社 単行本352ページ)
ニュースでは語られないフクシマの真実を、原発25kmの自宅からの目で収集・発信。驚愕の事実、メディアが語ろうとしない現実的提言が満載。

第1章 「いちエフ」では実際に何が起きていたのか?
第2章 国も住民も認めたくない放射能汚染の現実
第3章 「フクシマ丸裸作戦」が始まった
第4章 「奇跡の村」川内村の人間模様
第5章 裸のフクシマ
かなり長いあとがき 『マリアの父親』と鐸木三郎兵衛

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら



Google
abukuma.us を検索 tanupack.com を検索