一つ前の日記へ一つ前へ |  目次へ   | 次の日記へ次の日記へ

のぼみ~日記2016

2016/09/21

東北学が休刊に



結局、8号で終わった


季刊(年2回発行)の「東北学」が8号で休刊になった。だいぶ前に「あと2号で連載を終了させてください」と編集部から言われて、その時点で大急ぎで2号分の長さで最後をまとめていたのだが、その後、さらに「次号で休刊ということになりましたので、申し訳ないのですが1回分でまとめ直してください」と言われ、さらに短くした。
今、オンデマンドブックスと電子書籍版で読めるようになっている『阿武隈梁山泊外伝』は、短くまとめ直す前の原稿を元に、さらに調整したもの。あまりに何度も直しているので、どれがいちばん新しいバージョンなのか、自分でも分からなくなってしまった。オンデマンドブック版(紙の本)と電子版でも後半は少し違うかもしれない。掲載写真も違う。

これは最初からメジャー出版を諦めている種類の本なのだが、メジャー出版しなければ意味がないし、オンデマンドでは出すつもりもない本というものもある。それは出版社を探している最中だが、なかなか見つからない。
断られた出版社の社長から、こんな本が送られてきた↓

僕の現状を知って、本は出せませんがこれをどうぞ……というわけだ。
ありがたいことではある。気持ちは複雑だけれど。

通り一遍のマニュアル本は、よほど正確なデータ集になっているとかではないと、読んでも身にならない感じがする。それより、個人がしっかり主義主張や考え方、体験を書いた本のほうが読み応えがあるし、心に響く。
このところ読んだ中では、中村仁一の『「治る」ことをあきらめる「死に方上手」のすすめ』(講談社+α新書)と、久坂部羊の『日本人の死に時 そんなに長生きしたいですか』(幻冬舎新書)がとても参考になった。
どちらもタイトルはきついが、内容はしごくまっとうであり、体裁を繕わず、しっかり言うことを言う、という姿勢で書かれているので、読みやすい。
いわゆるハウツー本の体裁を取ろうとすると、どうしても「まとめよう」という意識が透けて見える表面的な記述が多くなり、わざわざ本にして残す意味があるのだろうか? と思ってしまうのだ。
そんなものはネットでパパッと読めるだろう……と。
ネット時代の今、本にするというのは、以前よりもずっと「本として残す価値」を考えたものでなければならないはず。しかし、「売れる本」はその逆で、タイトルだけでふらふらっと買ってしまうようなものばかり。
本が売れない時代、というが、もっと深刻なのは、本にすべき本が世に出ない時代、になってしまったことだと思う。

「死に方上手」のすすめ から、僕が鉛筆で傍線を引いた部分(これは本当にそうだなあ……と共感した部分)を少し抜き出してみる。(ですます体の文章を、内容を変えずにまとめている)




ついでに久坂部羊氏の『日本人の死に時』からもいくつか抜き出してみる。久坂部氏のほうがややシニカルな記述が多いかもしれないが、今の僕にはどれも頷けることばかりだ。



……中村氏も久坂部氏も、老人医療の現場を見てきた医師だ。
敬老の日には決まって「元気な老人」「生き生き老後生活」的な映像を流すテレビメディアなどには、二人とも強い反発を表明している。

さて、医療現場にいる現役医師とは違い、文章書きとしての自分は、このテーマにどう向き合い、文章にしていくべきなのか……。

ここひと月あまりは本当にきつかったが、貴重な体験をさせてもらったと考えるだけの余裕が(少しだけれど)出てきた。


美ど里先輩が「面白かった」と言っていたこの本も買ってみた


     


『阿武隈梁山泊外伝:全村避難の村に起きたこと』(Kindle版)発売!















更新が分かるように、最新更新情報をこちらの更新記録ページに極力置くようにしました●⇒最新更新情報



iBooks図書館ガイド  Kindleアプリで本を読む



一つ前の日記へ一つ前へ |  | 次の日記へ次の日記へ

      
Kindle Booksbooks    たくきの音楽(MP3)music    目次へ目次    takuki.com homeHOME


tanupack音楽館  よいサイト 41.st  たくき よしみつの本 出版リストと購入先へのリンク  デジカメと写真撮影術のことならここへ! ガバサク道場


「福島問題」の本質とは何か?


『3.11後を生きるきみたちへ 福島からのメッセージ』(岩波ジュニア新書 240ページ)
『裸のフクシマ』以後、さらに混迷を深めていった福島から、若い世代へ向けての渾身の伝言。
複数の中学校・高校が入試問題(国語長文読解)に採用。大人にこそ読んでほしい!

第1章 あの日何が起きたのか
第2章 日本は放射能汚染国家になった
第3章 壊されたコミュニティ
第4章 原子力の正体
第5章 放射能より怖いもの
第6章 エネルギー問題の嘘と真実
第7章 3・11後の日本を生きる

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら
裸のフクシマ  『裸のフクシマ 原発30km圏内で暮らす』(講談社 単行本352ページ)
ニュースでは語られないフクシマの真実を、原発25kmの自宅からの目で収集・発信。驚愕の事実、メディアが語ろうとしない現実的提言が満載。

第1章 「いちエフ」では実際に何が起きていたのか?
第2章 国も住民も認めたくない放射能汚染の現実
第3章 「フクシマ丸裸作戦」が始まった
第4章 「奇跡の村」川内村の人間模様
第5章 裸のフクシマ
かなり長いあとがき 『マリアの父親』と鐸木三郎兵衛

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら



Google
abukuma.us を検索 tanupack.com を検索