一つ前の日記へ一つ前へ |  目次へ   | 次の日記へ次の日記へ

のぼみ~日記2018


2018/04/18

手打ちそば 咲


朝から冷たい雨。
蕎麦「しろやま」が大沢のコメリ隣(元「こむらさき」)に移転した後、居抜きで店を開く「そば・うどん 晃山の里」が今日開店だという。留守番中で昼飯作の面倒だし、行ってみようかと出かけたら、ワイパーの向こうにズラッと停まっている車が見えた。これはパスだな。今日はやめよう。

今日オープンの「晃山の里」は車がいっぱい停まっていたのでパスした
で、そういう事態に備えて考えていたのは、今月オープンしたばかりという「咲」という蕎麦屋さん。場所は「楓」のすぐそば。
行ってみると、こちらはすんなり入れた。
雨がザンザン降っているので外観は撮らなかったのだが、新築で立派な建物。
中もピカピカ。

新築らしく、きれいな店内。オリジナルなのか、ネコのデザイン椅子が面白い


家に帰って写真を見るまで気づかなかった……




厨房ではオーナー夫婦だろうか、仕事中



メニューは冷たい蕎麦が「せいろ」650円、「鴨せいろ」1380円、「天せいろ」1580円、「二色そば」980円。
温かい蕎麦が「かけそば」650円、「天ぷらそば」1580円。いずれも税別。
二色そばは茶そばと更科の合い盛り。訊くと、更科と「せいろ」では違う蕎麦だという。であれば、茶そばはいらないから、普通?の蕎麦と更科の合い盛りが食べたいところだが、ないので、初回ということもあり、素直に「せいろ」を注文した



これが「せいろ」。粉は北海道産だという。非常に上品でつるりとした喉越し。「しろやま」の蕎麦にちょっと似ているかもしれない



あっという間に完食

蕎麦一筋! という潔いメニュー。蕎麦にかける情熱と真面目さがうかがえた。
僕的には野性味のあるゴワっとした粗挽き系の蕎麦が好きなのだが、そのへんは好き好きだろう。上品で喉越し重視の蕎麦としてはかなりランクが高い。細麺だが、コシはちゃんとあり、食べているうちにどんどん伸びてくるという感じもなかった。ていねいな仕事ぶりが伝わってくる。
ちなみに値段は税別だが、650円のせいろは2円切り捨てて700円だった。

もう少し今市側に行くとうどんもやる「楓」があり、ライバル同士になりそうだ。「日光のイタリアン」を名乗るトライフルという人気店もあるし、少し手前、土沢のセブンイレブンがある交差点を北に入ると津軽郷土定食が自慢の「手作りダイニング笑顔」もある。日光の隠れたグルメエリアとして有名になるといいね。

日光クリック 手打ちそば 咲
日光市土沢1793-2(紅梅食品工業の向かい側、通り沿い)
tel:0288-26-1739

11:30~蕎麦がなくなり次第終了 不定休?



医者には絶対書けない幸せな死に方
「医者には絶対書けない幸せな死に方」(講談社プラスα新書)
内容紹介は⇒こちら

以下のいずれからでもご購入いただけます

Amazonで買う   hontoで買う    7ネットで買う  honyaclubで買う  bookfanで買う  LOHACOで買う  Yahoo!  楽天ブックスで買う

ウクレレ教室へ   YouTubeのタヌパックチャンネルへ

更新が分かるように、最新更新情報をこちらの更新記録ページに極力置くようにしました●⇒最新更新情報
Twitter     


一つ前の日記へ一つ前へ |  目次へ  | 次の日記へ次の日記へ

 
Kindle Booksbooks    たくきの音楽(MP3)music    目次へ目次    takuki.com homeHOME


Google
nikko.us を検索 tanupack.com を検索