一つ前の日記へ一つ前へ |  目次へ   | 次の日記へ次の日記へ

のぼみ~日記2016

2016/08/20

『Threshold: Whispers of Fukushima』東京上映会


今日は渋谷の映画館UPLINKで『Threshold: Whispers of Fukushima』の上映会。
東京では初めての上映会。映画上映の後、トークショーとミニライブ。それに出るために上京。
地図で見ると、渋谷駅からより代々木公園駅からのほうが近そうだったので、JRではなく東武と地下鉄の乗り継ぎで行った。

無人駅から大都会へ出発



ホームに人っ子ひとりいない。駅員の姿さえ見えない。そこで特急を十数分待ち合わせ



東京に入る。何回経験しても、このあたりで妙な気分に襲われる。もう身体も心も「田舎の人」になっているんだな



久々にKAMUNAで演奏 (撮影:横田陽一さん)



最後の『奇跡の星』ではきょーじゅもピアノで参加 (撮影:横田陽一さん)



山木屋太鼓のリーダー・遠藤元気くんとErikきょーじゅのデュオ演奏を袖から見る



その後は僕と吉原センセも加わって…… (撮影:Toko Shiiki監督)



打ち上げに移動する頃はすでに夜の10時。渋谷駅周辺はとてつもない人ごみ。昔はこんなじゃなかったような……



1か月前にようやく押さえたホテルは麹町。チェックインは0時まで厳守と言われて、最後はタクシーで移動した。古いホテルのようで、Wi-Fiもなかった


映画『Threshold: Whispers of Fukushima』に関しては、撮影後のつきあいのほうが長くなった。
撮影時にはお互い顔がこわばっていたErikきょーじゅや元気くんとも、今は十年来の友みたいに自然体でセッションできる。気持ちのよい夜だった。









 

『日本狛犬図鑑05 小松利平・小松寅吉・小林和平』

利平・寅吉・和平の狛犬作品のほぼすべてを収録。掲載写真点数約200点。
狛犬図鑑03・04
B6判・96ページ フルカラー オンデマンド 無線綴じ  1200円(税別)  送料:220円
ご案内ページは⇒こちら 

-->

『So Far Away たくき よしみつSONGBOOK1』

原発が爆発する前の2010年、阿武隈山中のスタジオにこもって制作した自選ベスト曲アルバム
「メロディの価値」を信じての選曲。20代のときの幻のデビュー曲から阿武隈時代に書いた曲まで、全13曲
iPhone、iPadのかたはiTunesストアから、アマゾンmoraでも試聴可能


iTunesで!    アマゾンで!    moraで!


更新が分かるように、最新更新情報をこちらの更新記録ページに極力置くようにしました●⇒最新更新情報



iBooks図書館ガイド  Kindleアプリで本を読む



一つ前の日記へ一つ前へ |  | 次の日記へ次の日記へ

      
Kindle Booksbooks    たくきの音楽(MP3)music    目次へ目次    takuki.com homeHOME


tanupack音楽館  よいサイト 41.st  たくき よしみつの本 出版リストと購入先へのリンク  デジカメと写真撮影術のことならここへ! ガバサク道場


「福島問題」の本質とは何か?


『3.11後を生きるきみたちへ 福島からのメッセージ』(岩波ジュニア新書 240ページ)
『裸のフクシマ』以後、さらに混迷を深めていった福島から、若い世代へ向けての渾身の伝言。
複数の中学校・高校が入試問題(国語長文読解)に採用。大人にこそ読んでほしい!

第1章 あの日何が起きたのか
第2章 日本は放射能汚染国家になった
第3章 壊されたコミュニティ
第4章 原子力の正体
第5章 放射能より怖いもの
第6章 エネルギー問題の嘘と真実
第7章 3・11後の日本を生きる

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら
裸のフクシマ  『裸のフクシマ 原発30km圏内で暮らす』(講談社 単行本352ページ)
ニュースでは語られないフクシマの真実を、原発25kmの自宅からの目で収集・発信。驚愕の事実、メディアが語ろうとしない現実的提言が満載。

第1章 「いちエフ」では実際に何が起きていたのか?
第2章 国も住民も認めたくない放射能汚染の現実
第3章 「フクシマ丸裸作戦」が始まった
第4章 「奇跡の村」川内村の人間模様
第5章 裸のフクシマ
かなり長いあとがき 『マリアの父親』と鐸木三郎兵衛

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う
⇒立ち読み版はこちら



Google
abukuma.us を検索 tanupack.com を検索