09/09/07の1

アクアマリンふくしま(1)

赤門夫妻滞在3日目。今日はみんなでいわき市小名浜にあるアクアマリンふくしまへ観光へ。遅い夏休みレジャーという感じ。
慣れない早起きの後、池のオタマをチェック。ほんの2、3匹、変態したモリアオがいるが、ほとんどは前足も生えないまま池の中に。今年はもうだめかもしれない。このままでは変態しても食べるべき小さな虫がいないし、すぐに冬になってしまう。
困ったねえ。
困ったついでに、今日は左目の古傷が痛む。いつもは起きてすぐにヒアレインという目薬を差し、そのまま回復するのだが、今日はなかなか痛みが引かないどころか、どんどん悪化している感じ。
午前10時過ぎに出発。
滝根小白井風力発電建設現場ではとうとう組み立てが始まったらしい。山の上にクレーンの先端が見えている。

小白井の集落を抜けて行く途中、山の上にクレーンが見えた


もうすぐここに百数十メートルの巨大風車が姿を現す。このへんの民家は低周波の影響必至だろう

小名浜は、ずいぶん前に観光で訪れたことがある。な〜んにもない寂れた漁港だった。魚市場の二階にある食堂くらいしか飲食店がなく、そこで大した内容でもない、期待はずれの昼食をとった記憶がある。
しかし今はまったく様変わりしていて、巨大な建造物が港の周りに並んでいる。
アクアマリンふくしまはそのシンボル的存在で、想像していたよりずっと大きかった。

駐車場からエントランスへ


入り口には錆びたシーラカンスのアート作品が


メイはここで待ってなさい。日差しの強い日だったので、車の中では危ないところだった


最初は「海・生命の進化」と題したコーナー。古代魚の模型がお出迎え


オウムガイ。これはちゃんと泳いでいる


ユーモラスな顔のサメ。ヘラチョウザメ?


名前……覚えてない。これも古い魚ってことね


こんな顔


スポテッドラットフィッシュってやつかな、これが


オオサンショウウオ


ここを見終わると、エスカレーターで一気に4階へ。途中、エスカレーター横の壁には人類の進化を表す?頭蓋骨が……。

『テレビが言えない地デジの正体』(ベスト新書) なぜ地デジにしないといけないの? もやもやの正体はこれだった!

テレビが言えない地デジの正体』(ベスト新書 発売中)

ハイクオリティメディアのBSを通販番組のゴミ捨て場にしたのは誰か? 欧米は「地デジ化」したのではなく、「デジタル放送化」したのである。地デジ化で困る人たちはこんなにいる。地デジテレビでアナログ画質を見続けなければならない人たちとは……?
伝えられていない驚くべき真実がいっぱい。テレビに騙されることなく「仕組み」を知って、賢く対処するための本。
すでに買い換えた人も、これからの人も必読。 地デジの嘘、錯覚、思いこみから、現実的な現代テレビ購入術まで、巷で言われている曖昧な情報を一掃し、クリアな見通しを提示。これで「テレビへのもやもや」が消える。
★立ち読み版はこちら

今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う    bk1で買うbk1で買う    
「ある力」が働き、初版部数が極端に抑えられてしまいました。このままですと葬り去られる可能性があります。ぜひ予約をお願いいたします!!

一つ前の日記へ一つ前へ    目次へ     次の日記へ次へ



★タヌパック音楽館は、こちら   ★阿武隈情報リンクは、こちら

日本に巨大風車はいらない 風力発電事業という詐欺と暴力 ギターデュオ KAMUNA